西日本豪雨災害お見舞い申し上げます。一刻も早い日常が戻ります事をお祈り申し上げます。その日常を取り戻すため、ご尽力頂いている皆様に心から感謝申し上げます。
会員の皆様に次の事をお伝えをします。

◆ 食事について ◆

カリウムの多い食品に十分お気を付けください。中2日、透析時間の短縮などで心配な方は、カリウムを抑える薬を服用してください。手元にない場合は、医療スタッフに申し出て処方してもらってください。

○食が進まない日もあろうかと思いますが、指示されたカロリーを摂りましょう。カロリーが極端に不足しますと、カリウムが上昇してきます。

塩分を多く摂取しますと、身体が水分を必要とします。最近の食品は塩分表示をしていますので参考にしてください。但し、ナトリウム表示となっている事が多いので、
塩分相当量(g)=ナトリウム(mg)×2.54÷1000
災害時は、2.54を3にして、少し多めに考えた方がよいでしょう。

水分の目安は、平時の2/3程度。但し、過度な水分制限は、熱中症やエコノミークラス症候群等、危険な状態に陥ることもあります。

◆ 透析について ◆
○家族等の心配事も多々あるでしょうが、指示された時間をしっかり透析をしてください。

○他の施設での透析の場合は、そこでの指示に従ってください。心を落ち着けて、安心して透析をしてください。県内・国内どこでも安心・安全に透析はできます。


◆ 生活面について ◆
○災害発生から緊張して生活してきたと思います。人は長く緊張を続ける事は不可能です。そろそろ緩めてください。緩める方法は次を参考にしてみてください。

 ・透析中、血圧測定時等の時をみて、医療スタッフの方とお話を沢山してください。(医療スタッフの方、聞いて頂ければ幸いです。)

 ・透析前、透析後に会員同士で沢山お話をしてください。

 ・哀しいこと、辛いことを我慢することなく、吐き出してください。

 ・テレビ等で被害の状況を見て、何もできない自分を責めないでください。復興を祈る事でも良いと思います。

家の片づけ等無理をしないようにしてください。どうぞボランティアの方々に甘えてください。ですが、ボランティアの方に「休憩を取りましたか?」の声掛けを。そして最初と最後に感謝の言葉を忘れずに。

○通行不能だった道路が使えるようになりつつあります。しかし、渋滞が予想されますので、時間に余裕を持って行動してください。

事務局より

西日本豪雨災害におきまして被害に遭われた方々に心からお見舞いを申し上げます。

広島県でも未だ影響を受けている地域が多数ありますが、当事務局と致しまして、でき得る限りの対応をしていこうと思います。

なお、会員をはじめとする各地安否状況については、被災現地の状況をかんがみ、現時点では確認連絡を事務局からは行っておりません。いち早い復興をお祈り申し上げます。